学生向けの賃貸マンションには、インターネット、オール電化、音大生向けには防音設備があるといいでしょう。

一人暮らしの賃貸で、料理をしたい人は

学生向けの賃貸物件の設備

賃貸物件において、一般的にはガスレンジ、ガス給湯器、エアコンなどですが、学生向けの賃貸マンション、アパートとですと少し違ってくるのです。まずは、インターネットの環境です。ケーブルテレビなどを含めた高速の回線があると便利でしょう。マンション全体で光回線に加入しておくこともいいでしょう。電話は携帯電話の普及により必要としない人が増えております。逆に衛星放送などの有料放送回線があるといいでしょう。

そして、オール電化です。学生で一番怖いのは火の始末です。ガスレンジ、ガス湯沸かし器が火を利用する器具になるのです。賃貸マンションに入居する時には火災保険に加入が義務付けられるのですが、保険で新しくしても入居者がその間入らないので、収入が減ってしまうのです。ですので、火を出さない器具が必要となるのです。

学生の中でも音楽大学の学生であると、部屋の中で楽器などで音を出す可能性もあります。防音性、機密性の高い部屋であることが必要とされます。もちろん、これらの設備を付けることで、他のマンションよりも家賃が高くなりますが、付加価値の高いマンションとなりますし、学生の需要は高いので途切れることなく、安定した収入が見込めるのです。

Copyright (C)2017一人暮らしの賃貸で、料理をしたい人は.All rights reserved.